犬のフードおすすめ

犬のペットフードを見なおしてみよう

今まで何となく与えていたドッグフード。
大切な家族なのだから少しでも良い物を与えたいと思っている飼い主さんが多いと思います。

しかし、いざ犬のペットフードを探してみると種類が多すぎて何を選んで良いか分かりません。

実際のところ犬によってドッグフードの相性がありますので、一概に「コレが1番良い!」と言い切ることは出来ません。

ですので、「安全でおすすめ出来る」をテーマにドッグフードをランキングにしてご紹介したいと思います。
犬のフード選びの参考にしてみてください。

犬のフードランキング

カナガン

対象年齢
全年齢
カロリー
約361.25kcal/100g
賞味期限
未開封・常温保存で製造日から18ヶ月
値段
3,960円(税抜き)
初回お試し
なし

犬のペットフードおすすめポイント

カナガン

カナガンで使用されている原材料はすべて品質の良いものですので、犬だけではなく人間も食べることができるドッグフードです。 鳥の生肉を使用しており質の高いビタミンやタンパク質を含みます。 また海藻も含まれているため、ミネラルもじゅうぶんに補給することができます。

また、犬にとってアレルギー源となるとうもろこしや小麦などの穀物は一切使用されていませんので安心して食べさせることが出来ます。

リピート率No1のドッグフードで、「100%の犬が食べた!」と紹介されています。

犬のペットフード選びに気をつけること

ドッグフードを選ぶ際に注意すべき点をいくつかあげてみます。

ミートミールが含まれているものを避ける

まず気をつける点が「ミートミール」です。

直訳すると「肉の食事」であり危険性は感じられませんが、ペットフードに関して調べたことのある方ならすぐにピンと来るはずです!

ミートミールは簡単に言うと、動物をまるごとすり潰して出来たフードになります。

おそらくイメージしているのは牛などの動物の肉の部分をすりつぶして加工したものではないかと思います。
しかし実際は丸ごとなのです。 ですので動物の毛や骨、内蔵や糞なども含まれることになります。

また、対象の動物の中には病気持ちで死んでしまったものも含まれます。
病気で蝕まれた肉も含まれている可能性があるのです。

すべてのミートミールにこのような粗悪な材料が含まれているわけではありません。
しかし、激安で売られているようなドッグフードなどは、含まれている可能性が大いにあります。

ミートミールという名称ではなく、チキンミールや○○ミールと表記されていることもあるので、ぜひ成分表を確認してみましょう。

現状を知ってしまうと、とても自分のワンちゃんには与えられなくなってしまいますね・・・

危険な添加物は含まれていないか

ドッグフードにも添加物が入っていることがあります。
添加物は身体にとってプラスになることはありませんが、マイナス要因になることはあります。

一般的に含まれているのは保存料(酸化防止剤)や着色料、合成調味料などになります。

人間の食べ物には使用禁止になっていても、ペットフードでは使用可能になっている添加物もあります。

出来るだけ添加物を含まない自然なものが望ましいですね。

出会い系の体験談ブログby助兵衛